伊勢白ペディア番外「参拝写真・風景写真」

読者から投稿された参拝写真・風景写真の公開場所です。

お名前:un***さん
投稿日時:2016年4月28日木曜日 15:20:00
件名:今日の雲。防災意識。
URL:http://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2016/04/25/022340#11

四国大平洋側です。
午前中曇り空に厚い雲でした。午後からは真夏日で大変暑いです。所々薄い変わった雲があります。

f:id:isehakupedia:20160428230947j:plain

四国大平洋側です。
夕方5時半の雲です。
いつもの雲の様相とは少し違うような気がします。

f:id:isehakupedia:20160428230948j:plain

 

 

 

お名前:北の都の住人さん
投稿日時:2016年4月27日水曜日 21:47:31
件名:4/27 18:30 札幌上空
URL:http://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2016/04/25/022340#12

名前 北の都の住人 

4月27日 18:30 北海道の札幌上空で帯状の雲を目撃しました。
右が南(苫小牧・室蘭方面)で左が北(稚内樺太方面)です・・恐らく。
4月14日、リーマン様?の北海道周辺から樺太へ抜けるラインに警戒とのコメントがありましたので、念の為に掲載をお願い致します。

f:id:isehakupedia:20160428091533j:plain

 

 

 

お名前:re***さん
投稿日時:2016年4月26日火曜日 17:33:48
件名:愛宕山(京都)
URL:http://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2016/04/25/022340#13

今月17日に愛宕山へ行きました。天気予報ではずっと雨だったのに、前夜に雨のち晴れに変わり行くことにしました。
愛宕神社に向かって登り始めにチラホラ晴れ間も見えましたが、風が強く道中霧も立ちこめました。やはり天気悪しかと思いきや、お昼時の参拝時にはそれまでの霧と強風が嘘のように晴れ渡りました。
初めての愛宕山、行きの道中はもしかして天狗さんに禊をされたのかな・・・なんて思いました。

f:id:isehakupedia:20160427110448j:plain

f:id:isehakupedia:20160427110449j:plain

f:id:isehakupedia:20160427110452j:plain

f:id:isehakupedia:20160427110451j:plain

 

愛宕山から見た京都市内。あの池は広沢池でしょうか・・・

f:id:isehakupedia:20160427110450j:plain

 

 

 

お名前:バラ男さん
投稿日時:
件名:4/12、麻賀多神社
URL:http://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2016/04/25/022340#14

名前:バラ男

先日4/12に麻賀多神社に参拝させて頂きました。
やはり光輝いておりました。

f:id:isehakupedia:20160427110454j:plain

f:id:isehakupedia:20160427110455j:plain

桜が散る時期で、森の中を雪の様に桜が舞っており感動致しました。

f:id:isehakupedia:20160427110456j:plain

 

 

 

お名前:yo***さん
投稿日時:2016年4月27日水曜日 0:16:43
件名:都庁から見た空
URL:http://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2016/04/25/022340#15

今日は やけに烏が鳴いていました。夕方6時半、都庁前駅での撮影です。空に向かって二本の雲。これは地震雲でしょうか?

f:id:isehakupedia:20160427110453j:plain

*投稿者のかたへ。
伊勢白山道さんに写真についてご質問がある場合は、下記4項目をご参考に、伊勢白山道ブログ新記事の投稿欄に改めてご質問ください。
1,名前はハンドルネーム(架空)のご記入または無記入で。
2,タイトルに「質問」の記載と性別をご記入ください。
3,URL欄は空欄でお願いいたします。
4,コメント本文に、改めてご質問の内容と、投稿されたこの御写真記事につけられたURL(例 http://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/〜〜)をご記入ください。

 

 

お名前:man**さん
投稿日時:2016年4月26日火曜日 0:12:26
件名:なし
URL:http://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2016/04/25/022340#16

先日、天之日津久神社に
参拝した際の写真になります。

f:id:isehakupedia:20160426002612j:plain

 

もう一枚はいつもの飛行ルートとは違った景色が見え、あの島はどこだろうと思ったら淡路島でした。

f:id:isehakupedia:20160426002611j:plain

天候も曇っていて小さく
見ずらいですが
感謝想起しました。


宜しくお願い致します

 

 

 

お名前:eb***さん
投稿日時:2016年4月25日月曜日 20:54:34
件名:なし
URL:http://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2016/04/25/022340#17

今日神奈川県の鎌倉で、昼過ぎに、『虹だ』という声を聞いて、外に出ると、環水平アークが出ていました。夕方もよりの駅につくと、おもしろい魚の骨のような雲が出ていました。

f:id:isehakupedia:20160426002614j:plain

f:id:isehakupedia:20160426002615j:plain

 

 

 

お名前:un***さん
投稿日時:2016年4月25日月曜日 20:13:19
件名:変わった雲。見ていただきたいです。
URL:http://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2016/04/25/022340#18

四国大平洋側です。
4月23日午前10時頃の写真です。1枚目は映りが悪いですが円すいを逆さにしたように青空の中に見えました。防災意識しながら2枚目同日30分後です。高台の実家からです。主人が呼ぶので見て見ると見たことない形でびっくりしました。
龍の背鰭のようにも見えます。

f:id:isehakupedia:20160426002619j:plain

f:id:isehakupedia:20160426002613j:plain

 

 

 

お名前:to***さん
投稿日時:2016年4月25日月曜日 12:34:46
件名:なし
URL:http://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2016/04/25/022340#19

はじめまして。こんにちは。

3月に 島根県 韓竈神社に行った時に 近くにある滝で撮影した写真です。

3枚目が、そこから移動した付近の寺、 鰐淵寺での写真で、そこでも写り込んだので、
光の加減か何かかと思いますが、

たまたま こちらのブログを拝見していて
、多分、なんでもないだろうけれど、
このときの写真を見ていただきたいと思い、送らせていただきます。

よろしくおねがいします。

f:id:isehakupedia:20160426002617j:plain

f:id:isehakupedia:20160426002616j:plain

f:id:isehakupedia:20160426002618j:plain

*投稿者のかたへ。
伊勢白山道さんに写真についてご質問がある場合は、下記4項目をご参考に、伊勢白山道ブログ新記事の投稿欄に改めてご質問ください。
1,名前はハンドルネーム(架空)のご記入または無記入で。
2,タイトルに「質問」の記載と性別をご記入ください。
3,URL欄は空欄でお願いいたします。
4,コメント本文に、改めてご質問の内容と、投稿されたこの御写真記事につけられたURL(例 http://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/〜〜)をご記入ください。

 

 

お名前:th***さん
投稿日時:2016年4月24日日曜日 14:36:38
件名:写真掲載お願い致します
URL:http://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2016/04/25/022340#20

いつもありがとうございます。
2016 4/24 12:30頃、麻賀多神社を参拝しました。
天津の神様の前に何故か「勝手神社」の神札が飾ってありました。
良いかどうかは分かりませんが、お供えする方、お世話する方、参拝者それぞれ好きにしているようです。
曇っていましたが、参拝しているうちに晴れてきました。
麻賀ニャンはひたすら顔を洗ってました。
かがんで袋をゴソゴソしていたら、餌だと思ったのか、急に物凄い勢いで駆け寄ってきてカバンの中を覗き込んできました。
今まで彼から興味を示して貰えた事がなかったので、驚きでした。
麻賀ニャンに構ってほしい寂しい方は、カバンの中をゴソゴソすると懐いてきてくれるかもしれません。
徒歩での帰り道、蛇の死体を見かけ、道路脇の草の上に避けておきました。

f:id:isehakupedia:20160425022045j:plain

f:id:isehakupedia:20160425022046j:plain

f:id:isehakupedia:20160425022047j:plain

f:id:isehakupedia:20160425022048j:plain

 

 

 


注1)上記の写真のオリジナルサイズはこちらのアルバム「fotolife」から御覧頂けます。

注2)掲載希望の御写真はこちらにお送りください。isehakupedia@gmail.com

注3)ハンドルネームが記載されていない方は、メールアドレスの先頭2文字のあと伏せ字にしたものを暫定のハンドルネームとして記載しております。

広告を非表示にする