伊勢白ペディア投稿写真1「参拝写真・風景写真」

読者から投稿された参拝写真・風景写真の公開場所です。

2021年2月8日〜

    

==========
件名:地震雲2月12日 。
URL:https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/02/11/173619#10

神奈川県三浦市
f:id:isehakupedia:20210213091228p:plain
f:id:isehakupedia:20210213091232p:plain

 

        

==========
件名:地震雲2月11日。
URL:https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/02/11/173619#11

 

東京(明治神宮
f:id:isehakupedia:20210212105112p:plain

東京西部。
f:id:isehakupedia:20210212105124p:plain

横浜市
f:id:isehakupedia:20210212105117p:plain

山梨県北部。
f:id:isehakupedia:20210211173526p:plain

名古屋市(彩雲)
f:id:isehakupedia:20210212105106p:plain

                

==========
件名:すべては繋がっている…(わっこ)
投稿日時:2月11日 木曜日 16:39
URL:https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/02/11/173619#12

去年の12月23日、総鎮守様のご拝殿の中央手前の石畳の隙間に、小さな小さなタンポポの花が咲いて居りました。
ここは、参拝された人が 丁度 踏んで通るような場所です。恐らくタンポポに気付くこと無く何度も踏まれたのでしょう。茎も見えず石畳スレスレの低い位置に花を咲かせて居りました。
敢えて厳しい環境に綿毛の根を下ろし、神様に近い御前にて懸命に花を咲かせて居るタンポポの姿が美しくて涙が出ました…。

f:id:isehakupedia:20210211173413p:plain

1月8日、雪が降る凍えそうな寒さの中でも健気に頑張って居りました。

f:id:isehakupedia:20210211173418p:plain

1月19日、初めて頭が石畳の上に少し持ち上がって居りました。

f:id:isehakupedia:20210211173423p:plain

2月6日、小さな一片の雪の様に真っ白な綿毛へと変化して居りました❄️

f:id:isehakupedia:20210211173433p:plain

フワフワの綿毛が風に揺れ、太陽の光を乗せてキラキラ✨輝いて居りました。
旅立つ綿毛の子供たちを、出来るだけ遠くへ飛ばしてやろうとタンポポ母さんは、足で踏まれることなど顧みず短い茎を精一杯頑張って、石畳の上まで伸ばして居りました。
感謝想起を送り、タンポポ親子の無事を祈ります⭐️

f:id:isehakupedia:20210211173428p:plain

同じ日の鎮守の森は、太陽の光で眩しいくらい金色に美しく輝いて居りました✨

f:id:isehakupedia:20210211173438p:plain

2月10日、実家のサポートに行く前に総鎮守様にて感謝を捧げ、鳥居を出て直ぐの場所の4〜5本の木に、カラスが沢山止まって見送って下さいました。本当に可愛いです🙏

f:id:isehakupedia:20210211173442p:plain

実家では、白梅の「月影」が美しい花を咲かせて居りました?!
ハードな家事の疲れも優しく溶けてゆきます…。感謝🙏✨

f:id:isehakupedia:20210211173459p:plain

萼が緑色なので、花弁の色が緑がかって観えます。

f:id:isehakupedia:20210211173447p:plain

私は「月影」の後ろ姿が一番好きです。
隠れた後ろ姿にこそ、人も本性が現れる様な気がします。表も裏も、スッキリと美しく在りたいものです。

f:id:isehakupedia:20210211173454p:plain

10日はお天気も良く、両親の布団を取り入れた2時30分頃に環水平アーク?の様な現象が観られました。

f:id:isehakupedia:20210211173511p:plain

f:id:isehakupedia:20210211173520p:plain

今日、総鎮守様にて建国記念の日の感謝を奉納させて頂いた後、引き寄せられる様に椿の花を写真に収めた瞬間、木々の間から太陽の眩しい光が射しました。
教会に帰り写真を見ると、太陽が六角形に写って居りましたので畏れ多さに言葉を失いました…。
本日の建国記念の日に、親神様八百万の神々、先祖、精霊…すべての御蔭様に心より感謝を想起し奉ります。

f:id:isehakupedia:20210211173342p:plain

                

==========
件名:平泉寺白山神社御手洗池、杉の倒木
投稿日時:2月11日 木曜日 13:34
URL:https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/02/11/173619#13

いつ?倒れたのでしょうか?
倒れそうにない平地に立っているのに根こそぎ倒れています。大雪か?強風か?一本だけ…不思議な倒れかたである。いつ?倒れたのでしょうか?
倒れそうにない平地に立っているのに根こそぎ倒れています。大雪か?強風か?一本だけ…不思議な倒れかたである。

f:id:isehakupedia:20210211173216p:plain

f:id:isehakupedia:20210211173222p:plain

f:id:isehakupedia:20210211173227p:plain

                

==========
件名:本日です
投稿日時:2月11日 木曜日 11:42
URL:https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/02/11/173619#14

青く澄み渡った空と海
そして真っ白な富士山

f:id:isehakupedia:20210211173325p:plain

                

==========
件名:写真 鑑定の件¸
投稿日時:2月10日 水曜日 21:11
URL:https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/02/11/173619#15

お忙しいところ、恐れいります。
高野山にて撮影しました。安物レンズのなせる技だと笑われるかもしれません。狙ったわけではありませんが、きれいだなぁと思いました。どのようにお感じになられますでしょうか?宜しくお願いいたします。
戦死した親族や、仕事で関わった従軍経験者の方々のために参拝しています。

f:id:isehakupedia:20210211173306p:plain

                

==========
件名:(なし)
投稿日時:2月10日 水曜日 15:51
URL:https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/02/11/173619#16

山の大自然の神々様が雲となり、方向を変えてくださったように、私には見えました。
感謝申し上げます。
リアルタイムで、御様子を拝見したので、長くなりましたが、ご報告致します。
東の空に懸念が残っているようにも感じます。
無難に過ぎ去りますよう想起します。

f:id:isehakupedia:20210211173259p:plain

f:id:isehakupedia:20210211173254p:plain

f:id:isehakupedia:20210211173244p:plain

f:id:isehakupedia:20210211173249p:plain

f:id:isehakupedia:20210211173233p:plain

f:id:isehakupedia:20210211173239p:plain

                

==========
件名:piipii 今朝鳥居に鴉が真ん中に!帰りは左右に1羽ずつ!これは珍しいので投稿しま~す。
投稿日時:2月10日 水曜日 19:06
URL:https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/02/11/173619#17

2月10日(水)の朝で~す

f:id:isehakupedia:20210211173311p:plain

f:id:isehakupedia:20210211173316p:plain

                

 

                

==========
件名:少彦名神社
投稿日時:2月9日 火曜日 14:08
URL:https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/02/11/173619#19

大阪の薬問屋街の一角にある小さな神社でした。御参道にリーマンさんおすすめののど飴やうがい薬、百草丸などが陳列されておりほっこりしました。

f:id:isehakupedia:20210211173331p:plain

f:id:isehakupedia:20210211173337p:plain

f:id:isehakupedia:20210211173347p:plain

f:id:isehakupedia:20210211173352p:plain

                

==========
件名:リンゴ🍎は語る…(わっこ)
投稿日時:2月8日 月曜日 11:53
URL:https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/02/11/173619#20

家族にリンゴを出す時に、皮に含まれるポリフェノールも摂って貰いたくて、皮を少し残して剥いて居ります。
皮を剥く時は、何も考えず適当に包丁をクネクネさせながら(視覚よりは手の感覚に頼って)剥いて居りました。すると、2019年から時々、形の有る模様が勝手に出来て居る?!様になりました。
それが、模様を意識して剥くと、絶対に形にならないのです?!

この写真は、大人と子供の様に見えます。
私は、聖人(ゾロアスター)から永遠の灯火を頂いている人。灯火を受け継ぐ人。を表して居る様に感じました。

f:id:isehakupedia:20210211173357p:plain

これは去年の5月に現れた模様です。
リンゴの茶色い部分は、何かにぶつけて傷になって居りました。
その傷を心配そうに見守る小さな水鳥と大きな魚!?
これを見た瞬間 大変驚きました?!とても強いメッセージを感じたからです。

魚の方は「太ったイルカ」で検索をして 最終的に辿り着いたのが、人間に乱獲されて1768年に絶滅してしまった「ステラーカイギュウ」でした。仲間を大切にし穏やかで優しい性格だったと知り涙が出ました。人間が犯した罪を心から反省しお詫びを申し上げ、感謝想起を捧げました。

では、水鳥の方も もしかしたら絶滅して居るのでは?と調べて見ると、1987年に絶滅した「ポック」という水鳥が出て来ました。

「ポック」にも心からお詫びと感謝想起を捧げました。
絶滅させられてもなお、アノ世から、地球に出来た傷を心配そうに覗きに来て居られる心優しい動物達…。
犠牲になったすべての尊い命にお線香を手向け感謝の真を捧げます。

f:id:isehakupedia:20210211173403p:plain

 


注1)上記の写真のオリジナルサイズはこちらのアルバム「fotolife」から御覧頂けます。

注2)掲載希望の御写真はこちらにお送りください。isehakupedia@gmail.com

注3)ハンドルネームが記載されていない方は、メールアドレスの先頭2文字のあと伏せ字にしたものを暫定のハンドルネームとして記載しております。